阿波の局の屋根裏部屋

阿波の局が書き散らしてきた駄作品をかき集めた書庫。 初めての方は 「ごあいさつ」からどうぞ。          屋根部屋の皇太子2次小説 妄想小説 冬のソナタサイドストーリー 短歌

あの日から 序章その2 「ユジンの後悔」

あの日から

好きな色 好きな季節と たずねしが
       一番知りたき “人”の名聞かず   …poppo


私は引き出しからあのカセットテープを取り出すと、テープレコーダーに入れた。

ジュンサンの明るい声が流れ出す…。

あの日、12月31日私に“好きな人”の名前を教えてくれるって、「必ず来いよ」って約束していたのに…。
なぜ、約束の時間に来なかったの?
それなのに、なぜあんな時間に、あんな場所で事故になど…
私に会いに来ようとしていたんでしょう?

学校へは転校の手続きがとられていたという。
でも、転校先の学校名はなくて、いったいあなたはどこへ行こうとしていたの。
私に何も告げずに…



12月31日。
私は朝から落ち着かなかった。
今日は約束の日。

何色のマフラーをして行こうかしら?黄色?それとも白?
やっぱりジュンサンの好きな白にしよう。
ジャンパーも白にして…、雪が降ればいいなぁ…。
ヒジンたら、取って置きの耳あてを出してきて、可愛くして行けだなんて、小さくてもやっぱり女の子ね。

「あのかっこいいお兄ちゃん、どうして晩御飯食べないで黙って帰っちゃったのかしらね。」

「ほんとね。きっとお母さんに早く帰りなさいって、言われていたのを急に思い出したのよ。
それで、帰ると言ったらきっとヒジンが悲しがると思って黙って帰っちゃったんじゃないかな。」

「ふーん、そうかぁ。
じゃあ、今日お兄ちゃんにあったら、私はそんな駄々っ子じゃないから、今度はちゃんと言ってから帰ってねって言っておいてね、お姉ちゃん。」

「わかったわ。ヒジンが一緒にご飯が食べられなくて残念がっていたから、また来てねって言っておくわ。」
「うん。」ヒジンがにっこり笑った。

〈ほんと、黙って帰るなんて、今日会ったらそのこともとっちめなくっちゃ。
それから電話番号と住所も聞かないと。
私たちもう付き合っているんだから、それくらいいいわよね。〉

私は時間になると、今日こそはジュンサンより先に約束の場所へ行こうと家を出た。
雪が降ってきて寒いけれど、白いマフラーとジャンパーが雪の色と溶け合って、きっとジュンサンは気に入ってくれるはず。
早く来ないかしら。

そして、早くジュンサンの言葉を聴きたい。
私も…、言いたい。
そうしたら、私たち本当の恋人同士よね。


でも、ジュンサンは来なかった。
何時間待っても、新年を告げる花火が上がっても、ショーウインドウの明かりが消えてしまっても…。

ずいぶん遅くなってしまった。
お母さんに怒られるわね。
しかたなく私はバスに乗って家へと向かった。


バスの外の道路が何か騒がしい。
年末年始で道路が混んでいる上に、事故でもあったのかしら?

でも私は、なぜジュンサンが来なかったのか、「必ず来いよ。」と言っていたのに…、それだけが頭の中をぐるぐると回っていて、何も考えることができなかった。
まさか、その事故がジュンサンだなんて思いもせず…。


好きな色も、好きな季節も、好きな食べ物も覚えたけれど、一番聞きたかった「好きな人の名前」― 聞かなくても分かってるわ、でもあの日あなたの口から聞きたかったのに…。

そして、なぜ初雪の日黙って去ったのか。
なぜ転校したのか。

もう何もジュンサンに聞くことはできない。
後悔と疑問だけが残されてゆく…
スポンサーサイト

永遠の命 限りある命 3

フランケンシュタインの恋 二次小説

「サキさんを研究所まで送ったら、こちらには戻らずに今日は家に帰るといい。

私も今やっている培養が終わったら、恐らく2.3日のうちには家に戻るから。」


「わかりました、お父さん。それでは、サキさんをお送りしてまいります。」


「頼んだよ。じゃ、サキさん気をつけて。」


「失礼いたします。」


上ってくる時と同じように、彼は私の手を取り山を下る。


「あの、もう大丈夫ですわ。だいぶ緩やかになってきましたから一人で降りられますので。」


「そうですか…?残念だなぁ…。こんな綺麗な人と手を繋いで歩くことなんてこの先きっとないだろうに。」と名残惜しそうに手を放す研さん。


研さんの温もりが離れてしまうのは、私も、少し…名残惜しくはあったけれど、そんな気持ちを気取られてしまっては恥ずかしいので軽口をたたいてみる。


「綺麗だなんておっしゃっても何もご褒美は出ませんわよ。それとも、いつもそうやって女の方を喜ばせていらっしゃるのかしら?女性を誑かす(たぶらかす)なんて悪い方ね。博士にご注進しなければ。」と軽く睨むようにすると


「誑かすなんてとんでもない!ほんとですよ。参ったなぁ…」と困る顔がとても可愛らしく感じた。

男の方を可愛らしいなんて、私もどうかしているけれど。


そんな風に歩いているうちに森を抜け、少し開けて街が一望できる場所に出た。


「まあ…、なんて綺麗…。

来るときにもここを通ったはずですのに、登ることに夢中で、ここからの眺めがこんなに素晴らしいなんて気づきませんでしたわ…。」



「海岸線まで見渡せて、美しいでしょう?

僕もここからの眺めが好きで、山の研究室に来たときは時々ここで岩の上に腰かけてぼんやりとすることがあるんですよ。」


「ここで、何か考え事をなさるんですか?」


「考え事…?そうですね…なんだろう。別に何か考えるわけでもなく、ただ、ぼうっと綺麗だなって。」


「さきほどご病気をお持ちだとおっしゃってましたけれど、難しいご病気なのですか?」


「ええ、原因も直し方もわからない病気です。普段は、こんなふうに何でもないんですけれどね。

発作が起こったらいつ死んでもおかしくないんですよ。

でも、そのことで悩んでいる…とかではないんです。

人間は、誰でも死ぬじゃないですか。僕の場合は、たぶん人より早いだろうけれど、誰だっていつ死ぬかはわからないわけで。明日かもしれないし、今日かもしれない。10年後かもしれないし、100年後かもしれない。ただ、今日を一所懸命生きるだけです。」


「研さんは、怖くは、ないんですか?


私も…実は、幼い頃より頭痛がすることがあって、どうやら治らない病気のようなんです。

家の家系の女性にだけ時々同じような病気で生まれるらしく、私の大叔母も同じ病気で若くして亡くなったそうです。


だから、こうしてこんな齢になっても嫁にも行けず働いております。


私は、怖いです。希望も持てず誰からも必要とされずどうしてここにいるのかしらって…。


ごめんなさいね。こんなお話して。


私、山に登ったのって初めてなんです。大きな木があってびっくりしましたわ。


それと、キノコって少し気味が悪いと思っていたのですけれど、こうして森の木々の中にあると、何かかわいらしくて綺麗なんだなって。


街の中で過ごしているときは、なんだか色々なことに汲々としてあれこれ悩んで、こんなにも世の中には美しい物がたくさんあって、自分の暮らしている場所がこんなに素敵なところだなんて気づきもしないんですね。」


病気の話などするのではなかった…


街に入り、並んで歩きながら次第にうつむきがちになってゆく。



重たくなってしまった気持ちを振り払うように



「研さんは、研究所にはいらしたことはあるのですか?裏から入ると、桜の木があるんですの。ご存知ですか?」


「いえ、研究所には行ったことが無くて。」


「じゃあ、ご案内しますわね。今ちょうど綺麗に咲いているんです。」




「ああ…本当に綺麗だ。 二人だけで見られるなんて、贅沢ですね。


ずいぶん立派な木だけれど、いつからここに生えているんだろう。」



「木はいいですね。長生きだし、ここを動かなくてもいいし。


ただ葉を茂らせて、花を咲かせて。それだけで、いい。


何もしなくても、何もできなくてもここにあるだけでいいんですもの。」




「サキさんって、思った通りの方ですね。」


「え?」


「父はめったに仕事の話はしないんですが、時折サキさんのお名前が出ることがあって。そんな時、父は少し楽しそうで。

ここの研究所に来てから少し若やいだ気がしますし。

今日も朝から父は機嫌が良かったんですよ。


ですから、きっとサキさんは綺麗で優しい人なんだろうなって想像してました。

父は、ひょっとしてサキさんに恋をしているのかな。

サキさんは、父のことどう思っているんですか?」


「私は、ただの助手ですわ。博士はご立派な方で、私などふさわしくありませんし、博士は私の病気のこともご存じなので優しくしてくださるだけなんです。」


「ほんとうに?

だったら、僕がサキさんのことを好きになっても構いませんよね。」


「ダメです、そんなこと。いけません。」


「どうして?あなたに病気があるからですか?

そんなこと僕たちには関係ないじゃないですか。

僕もあなたも病気を抱えていて明日をも知れないけれど、今ここに一緒にこうして桜を見ているじゃないですか。

それだけでよくはありませんか?


桜が咲いているのを見れば、誰だって美しいと思うではないですか。その気持ちを止めることなんてできない。僕の気持ちも同じことなんです。


今日はあなたに逢えてとてもいい日でした。


好きな景色を一緒に見られて、こうして桜も眺めることができて。


このお地蔵さんに一緒にお参りしませんか?

また、二人で良い思い出を作ることができますようにと僕は祈りたいんです。」と彼は綺麗な目で笑った。


私は、もう何も言わず頷き二人で並んで手を合わせた。


でも、結局それきりあの日まで彼と会うことはなかった。




未来など ないかもしれぬ 吾らだが

        今を君と 居たいと思う

永遠の命 限りある命 2

フランケンシュタインの恋 二次小説



「サキさん!お会いできてよかった。電話をしようと思っていたんですよ。
いよいよ研究も最終段階になってきました。
もうすぐ、きっと薬が完成してあなたももう死をを恐れなくてもよくなります。
しばらく、息子を連れて山の研究室に籠ります。
ですから、連絡が取りづらくなりますがどうぞご心配なさらずに。
必ず成功させます。時間も…もうあまりないのです。急がなくては…。」

深志研太郎博士はそうおっしゃった。

彼は、私の婚約者。
私は、世間的には嫁に行って不思議はない年齢だったが、幼い頃から不治の病を抱えており、到底結婚などできる身ではなかった。
ただ、そのことが人に知れればほかの兄弟姉妹、親戚の縁談に差しさわりがあるので、勉強と仕事に励むあまり婚期が遅れたことにしてあった。

私は、伝染病研究所が家の近くにできた時からそこで研究助手として働いていた。
深志博士とは、博士が研究所に赴任された時に私が博士の助手となって知り合った。

博士は、菌類の研究に打ち込んでおられ、研究所だけでなく菌類の採取に便利だからと山の中にもご自分で研究室を作られて時々そこに籠っていらした。

ある時、一度だけその山の中の研究室に博士のお使いで伺ったことがあった。

家からさほど遠くないところにある山とはいえ女の身で登ったことなどなく、道中難儀ではあったが目にするものがすべて珍しかった。

もう何百年もそこに生えているのであろう大木があり、不思議な静寂が森にはあった。
キノコもそちこちに様々なものが生えてあった。
こうして山の中で見ると、いつもは少々気味の悪いもののように感じていたキノコが、博士が言うように「美しい生物」に感じられる。

「あの…サキさん…でしょうか?」

誰もいないはずの森の中で突然声をかけられ、驚いて振り向くと、そこにあの方はいた。
涼やかな目をした青年だった。

「はい…。あの…あなたは…?深志博士の研究室をご存知でしょうか?」

「父がお待ちです。ご案内いたします。
ここから少し急になりますので、足元お気を付けください。」

差し出された手を頼っても良いのか迷っていると、ニッコリと笑って私の手を取りずんずんと登っていく。
殿方と手を繋いだことなどない私はどきまぎとしてしまった。

「お父さん、サキさんをお連れしました。」

「やあ、サキさん、こんなところまで来てもらって申し訳なかった。」

「博士、遅くなり申し訳ありませんでした。こちらが書類でございます。」

「ああ、ありがとう。これを待っていたんだ。海外から取り寄せたい菌類があってね。その手続きに必要なんだよ。
こっちもちょっと手が離せなくて、急いでいたものだから。

スマンが、書き上げてしまうので少し待っていてくれたまえ。」

「かしこまりました。」

博士が階下に降りていくと、青年と二人きりになった。

「先ほどはご挨拶もせず失礼いたしました。

息子の、研と申します。父がいつもお世話になっております。」

「息子さん?でいらっしゃいましたか。」

「はい。
息子とは言っても、父と血は繋がっておりませんが。
僕は孤児で身寄りがなく、施設で育てられました。
健康で運が良ければ養子となることもあるのですが、僕は生まれつき病気があって…。
そのせいで学校を卒業し就職して施設を出なければならない年齢になっても仕事にもつけずいた時に、施設の嘱託医だった博士が僕を引き取り養子にしてくださったのです。」

「そうでしたか。
私は、博士の助手をしているサキと申します。
博士はお若いのにこんな大きな息子さんなんてびっくりしましたわ。

ここは、博士がご自分で作られた研究室なんですね。

研さんもいつもこちらで博士の研究を手伝っていらっしゃるのですか?」

「僕は父のようには学問を積んではおりませんから、キノコの採取をお手伝いするくらいのことです。
でも、家族は父と二人きりですから、父がこちらに来るときは大概一緒に参ります。
家に一人きりでいても仕方がありませんから。」

「深志博士は、医学博士でいらっしゃるのにこのように山の上に研究室までおつくりになって、なぜ菌類の研究を熱心になさっていらっしゃるのでしょう?」

「僕にもよくわかりませんが、父は菌類には人の想像を超えた力があるとよく言います。
きっと、新しい薬を作る研究をしているのだと。」

「伝染病のお薬でしょうか?でも、それならば研究所でなさいますよね。」

「そうですね。ここでやっているのは、父個人の研究なんだと思いますよ。研究所とは直接関係はないんじゃないでしょうか。」

そんな話をしていると、博士が階下から上がってこられた。

「お待たせ。 これを、今日中に事務所に提出してほしい。よろしく頼むよ。」

「かしこまりました。」とすぐに研究室を辞そうとすると

「お父さん、僕はキノコの採取に行ってきます。小一時間で戻りますので、そうしたら麓までお送りしますから、サキさん、どうぞごゆっくり。」

え…でも…と私が躊躇していると

「そうするといい。途中で日が暮れてしまうと危ないから、彼に研究所まで送らせよう。

今、お茶でも用意するから。」

「あ、私がいたします。

博士。前からお聞きしてみたかったんですが、博士はどうして菌類の研究を熱心になさっているんですか?」

「それは…医学が進歩したとはいえ、まだまだ治らない治し方の分からない病気もたくさんある。
私は、菌類の力をうまく使えば死んでしまった細胞を蘇らせることができるのではないかと思っているんです。

彼は、息子は、あなたのように病気を抱えているんです。きっともう長くない。そのことを自分でもわかっていて自分の身体を実験に使ってくれという。
そうしたら、自分のように身寄りもなく若くして死ななければならないものでも生まれてきた意味があるからと。

私は、悪いやつなんですよ。サキさん。
自分の功名心を満足させるために彼を引き取り、利用しようとしている。」

「博士は、息子さんのことを愛していらっしゃるんですわ。
博士はお優しいから、行き場のない研さんのことを不憫に思われて養子になさったのに、研さんに負担に思わせまいとそんな風におっしゃるのでしょう?
だから、研さんを何とか助けようとなさって研究していることも利用してなんて。

博士…私の身体もその新しいお薬の実験に使ってくださいませんか?
それで治らない病気を治せる薬ができるなら、私も生きた意味ができるというものです。
私もきっともうそれほど長くは生きらないんですもの。」

「サキさん、あなたは私が何をしようとしているか知らない。
私は、恐ろしいことをしようとしているんですよ。
そんなことに、あなたまで巻き込むわけにはいきません。

でも…、もし実験が成功したら僕と息子と三人で生きてくれますか?」

博士は私の目を見てそうおっしゃった。

私は、あんなことになるとも知らずに頷いた。

永遠の命 限りある命 1

フランケンシュタインの恋 二次小説

僕は人間じゃありません。
父によって作られた、恐らく怪物と呼ばれるいきもの。

いえ、人間にしろ植物にしろおよそ生き物であればいつかは死ぬもの。
命には限りがあるものですから、僕は生き物ですらないのかもしれません。
僕は、死ぬことができないのです。

父は、「お前は考える植物だ。」といいました。
森の木や草に個々に名前が無いように、だからお前には名前がないと。
お前は植物だから、人と触れ合わずとも森の中で木々とともに幸せに生きられると。

父と二人、晴れの日はキノコを採りに出かけまた小鳥と戯れ、雨の日は二人の家で書物を読み穏やかに暮らしました。

父に死が近づいたある日、父は僕に言いました。
「私が死んだら、この薬を注射し雷を待って私を蘇らせるのだ。そうすれば、お前と共に永遠に生きることができる。
お前を一人にはさせぬ。私たちは家族だ。
神はお前に永遠の命を得る機会を下された。
私にもきっとお前と共に生きることをお許しにになるに違いない。」

しかし、父の死後雷が起きることはなく、父の死体は朽ちてゆきました。
きっと、これ以上怪物が増えることを神はお許しにはならなかったのでしょう。
それとも、人間を殺してしまうかもしれない怪物を生んだことを神は悔いておられたのでしょうか。

僕はあの日、目覚めた時あの人に触れて死なせてしまいました。
僕を知っているかもしれない人だったのに、僕のことを教えてほしかっただけなのに。

僕はあの時きっと恐ろしい姿をしていたのでしょう。

父の薬と雷の力で細胞が蘇ったばかりで身体が急激に変態していたからです。

僕の顔を見た時、知っている人だと思ったのに恐怖に顔が引きつりあの人は逃げていった。
それが悲しくて、何かをするつもりじゃなかったのにただ追いかけました。
僕のことを教えてほしかった。
怯えないで、というつもりで、つい柔らかな頬に触れてしまった…

僕は人間じゃありません。
父によって作られる前は人間だったそうですが、人間として生きていた時の記憶も死んだ記憶もありません。
ただ、こうして話すことができたり字を読むことができるということは(父から学んだということもありますが、初めから父とは話すことができました。)やはり人間だったのかもしれません。

父が死んで一人きりになり、長い長い時間が経ちました。
ある時、山の中で箱のような物を拾いました。
家に持ち帰り電気をつなげつまみをひねってみると音が出ました。

それは、ラジオというものでした。

父は、森の中で植物として生きよといいましたが、僕の中にある人間であった時の記憶のなせる業なのでしょう、人が恋しいのです。
小鳥やウサギや木々は話しかけても答えてくれません。
感じることはできても、淋しいのです。
僕は、人の声が聞きたかったのだと思います。

ラジオは僕の慰めになりました。
毎日、ラジオを聴いているうちに「天草」という人を知りました。
三時になると天草がいろいろな悩みに答えてくれます。
三時は、人間の世界では『おやつの時間』というようでした。
だから、天草は『おやつの男』と呼ばれています。

人間は、色々な悩みを持っているようです。
天草は、その悩みに一生懸命考え応えてくれます。
天草に、僕のことを知ってもらえたらいいのに。

ラジオのお陰で声を聴くことはできるようになりましたがそれでも人が恋しくなると、街が見えるところまで山を下りました。
街を見下ろしていると長い間に、人がずいぶん増えたことがわかります。
いつの間にか背の高い建物が増え、夜になると夜空の星々の数より家の灯りの方が多くなりました。

あの灯りの数だけ人の暮らしがあり家族が暮らしていると思うと、なぜ僕だけが一人なのか、このまま死ぬこともできずにずっと一人で生きていく意味が分かりません。
なぜ、僕はここにいるのでしょう。

あの日も、人恋しくなって山を下りていきました。
夜だからと、つい油断して人の来るところまで行ってしまいました。

あの人は、夜遅くだというのに山に向かって駆け上がってきました。
悪い男たちに追いかけられている!と思ったとたん、僕は変態していました。
男たちは僕の姿を見ただけで驚き気を失いました。

気持ちの高ぶりが収まり胞子が落ち着いてから、あの人を抱えて安全な場所まで降りていきました。

あの人は、昔僕が死なせてしまった人に似ている気がしました。
でも、そんなはずはない。
もう、120年も経っているのです。
若い姿のまま人はそんなに生きることはできません。

それでも、あの可憐な人に似た人に会えたことが嬉しかった。
僕が死なせてしまったあの人に似た人が、今幸せに生きているのだということがとても嬉しかった。

僕は人間じゃありません。
でも、人間が好きなのです。たぶん。
人間と一緒に生きたい。

けれども、それはできないのです。
白い胞子をまき散らし変態してしまったら、また人を殺してしまうかもしれないからです。


何者か 尋ねられても わかりません
       人間ではない 怪物かなにか

死ぬことも 生み出すことも できぬまま
         生きてく意味を 誰か教えて 

仕方が無い

フランケンシュタインの恋 短歌




生い先の 短い命 恋なんて
       仕方が無いと 諦めている

「仕方がない」 意味分からない 君のこと
          困らせるのは 僕なんですか

Menu

プロフィール

阿波の局

Author:阿波の局
FC2ブログへようこそ!

最新記事

日本ブログ村

うたらば

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ