「妄想小説」
あなたのそばにいたいから

あなたのそばにいたいから 彼の場合

 ←飛び立つ前の雛たち 2 →あなたのそばにいたいから 彼女の場合
「Stand by U」に寄せる、ショートストーリー

       あなたのそばに 彼の場合

ガチャリ。部屋の鍵を開ける。
「ただいま」
返事の返ってくるはずのない部屋に向かって言うのが、いつの間にか習慣になってしまった。

冷蔵庫を開けながら、何気なく上に鍵を置こうとしたとき
〈ほら、そうやってポンと置くから出かけるとき探すんでしょ。いつもの場所にかけて〉
君の口癖を思い出した。

わかってるよ。

二つ並んだフックの片方に鍵をかけると、もう一つのフックにかかったままの合鍵を見つめた。

君が置いていった合鍵。

僕は、その合鍵を取ると、壁にもたれてじっと見つめた。

あれから3ヶ月が経とうとしている。
君が、部屋の合鍵だけを入れた封筒をポストへ残し、僕の前から姿を消してから。

何も変わっていないはずなのに、部屋の中も外の景色も、何もかもが色あせて見える。空気のにおいさえ変わってしまったように思える。

季節が変わったから?ちがう。
君がいなくなってしまったから…

君はどこにいるの?…

いや、どこにいてもいい。
笑っていてくれさえいれば。

その細い肩を震わせ、一人きりで泣いてなんかいないよね。
それだけが、僕は気がかりなんだ。

ずっと、君の笑顔だけを見ていたかったのに、「大好きだよ」って何回も言いたかったのに、君を泣かせてしまった。
君を一人きりにしてしまった。
僕を許して…。

そうしたら、いつかまた、僕の元に帰ってきてくれるよね?
さよならを言っていないんだから、帰ってきてくれるよね。

それまで、僕はここにいるから。
こうして、君に渡す合鍵を大事にしまって、ここにいるから。


それとも…
もう、僕のことは忘れてしまった?


なによりも 君の笑顔が 大切で
          笑っていてよ 大好きなんだ

さよならは 言ってないから 少しだけ
            長い外出 そう思わせていて

淋しがり 一人きりが 嫌いなのに
         させてしまった 僕を許して



彼女の場合 につづく

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
総もくじ 3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ 3kaku_s_L.png ごあいさつ
総もくじ  3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
もくじ  3kaku_s_L.png 怒り 2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【飛び立つ前の雛たち 2】へ
  • 【あなたのそばにいたいから 彼女の場合】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【飛び立つ前の雛たち 2】へ
  • 【あなたのそばにいたいから 彼女の場合】へ