「妄想小説」
あなたのそばにいたいから

あなたのそばにいたいから 彼女の場合

 ←あなたのそばにいたいから 彼の場合 →それぞれの時 イ・ガク 1




「Stand by U」 に寄せるショートストーリー



髪を切ってきました。
あなたは、長い髪を後ろで結んだのが好きって言ってたのに。
ごめんね。

鏡に映る、髪の短くなった自分を見たら、また泣きそうになってしまいました。
だめね。
一人きりになっても相変わらず、泣き虫は直っていません。

あなたと出会ったころは、いつも笑っていたはずなのに、「君の笑顔が好きだよ。」ってあなたも言っていたのに。
いつの間にか、だんだん泣き虫になってしまった私。

あなたのことを好きになればなるほど泣き虫になって、会えないと淋しくて、あなたを困らせてしまった。

笑顔を見せて、元気づけたいと思っているのに、会えばわがままばかり言ってしまう。
どうして、こんな私になってしまったんだろう。
どうしたら、あなたを困らせないで、あなたの力になれる私になれるんだろう。


私はいつの日か、そればかり考えるようになってしまった。
あなたを困らせて、重荷になってしまっている自分がもういやなの。

あなたに幸せにしてもらうんじゃなくて、自分の力で幸せになれなければ、あなたといて幸せになれない。
あなたのそばにいられない。

だから、一人きりになることにしました。
あなたにさよならも言わないで出てきたのは、あなたの目を見たらさよならを言えなくなるから。
また泣いて、一緒にいてって駄々をこねてしまう、きっと。そう思ったの。

でも、あなたといて不幸だったわけじゃないのよ。わかって。
淋しくて泣いただけ、それだけあなたといると幸せだとわかったの。
私にとって、あなたがどれほど大切な人だとわかったの。


それなのに、手紙も書かず、ただ、鍵だけを封筒に入れて、ポトリとポストに入れました。
ごめんね。ひどいよね、こんなの。
でも、そうするしかなかったの。

ほんとうは…、鍵を返したくなかった。
いつでも帰ってこられるように…。

いつの日か、一人でいても、いつも笑っていられるようになったら、そして、あなたが私を許してくれるなら、そのとき私はあなたの元に帰ります。


こんどこそずっと、あなたのそばにいたいから。


特別で 欲しいからこそ 手を離す
        必ず得ると 勝ちに行くため
     ちはやふる 23より
  


      おわり


にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
総もくじ 3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ 3kaku_s_L.png ごあいさつ
総もくじ  3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
もくじ  3kaku_s_L.png 怒り 2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【あなたのそばにいたいから 彼の場合】へ
  • 【それぞれの時 イ・ガク 1】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【あなたのそばにいたいから 彼の場合】へ
  • 【それぞれの時 イ・ガク 1】へ