「屋根部屋の皇太子2次小説」
ショートストーリー

月が綺麗だから

 ←それぞれの時 ヨン・テヨン 1 →02/09のツイートまとめ
「パク・ハ、準備できてる?」

「あ、テヨン、来たの?

うん、すぐ出られるよ。」

満面の笑みでテヨンを迎える。

久しぶりのデートに心が弾んだ。

このところテヨンは仕事が忙しく、二人の休みもなかなか合わなかったのだ。


「かわいい靴だね。買ったの?」

「あら、初めてだった?ちょっと前から履いているけれど・・・」


「足元気をつけて、慣れない靴で転んだら困る。」

自然に差し出す手に手を重ねる。

「うん、ありがと。」


「ねえ、どこへ行くの?」

「ふふふ・・・いいところ・・・。」

「着くまで秘密なの?」どこへ行くんだろう・・・?


「さ、着いたよ。足元暗いから・・・」


車が着いた先は昌徳宮だった。

「夜、入れるの?」

「うん、最近夜の特別観覧を始めたんだ。行こう。」

  夜の昌徳宮「月灯り紀行」


「ねえ、テヨン、ガイドさんについていかなくていいの?」

「うん。僕に任せて。こっちだよ。」

テヨンはパク・ハの手を取って、澱みなく歩く。

まるで、そこに住みなれた人のように・・・

ガクみたい・・・

「足元暗いから、気をつけてね。」

やがて、人気のないちょっとした広場に出た。

「さ、ここでいいかな。

パク・ハ、上を見てごらん。」




「うわぁ~、綺麗なお月様。満月ね。

でも・・・いつもより・・・明るくない?

これを見せるためにここへ来たの?


だから、上を見ないようにさせていたのね。変だと思ったわ。


でも・・・覚えているの?昔のこと。ここが、月が綺麗だって・・・」


「まさか・・・昔の記憶なんて、ないよ。

ただね、今日がスーパームーンだってわかっていたから、どこか綺麗に見える場所はないかなって考えていたのさ。

だけど、なかなかいい場所を思いつかなくて、そうしたら、ここに夜入れるって分かって、きっと街灯の明るい街中よりいいはずと思ったんだ。


それで、何回か来てライトアップしていない、あまり人のいなさそうな場所を探しておいたんだ。


気に入った?」


「うん、とっても。

こんなに綺麗なお月様って初めてだわ・・・。

でも、スーパームーンって、なに?」


「月は楕円軌道を描いて動いているから、地球との距離は一定じゃないんだ。

だいたい一年に一度一番近づく日があって、それが今日というわけ。

その日が満月か新月のときスーパームーンというんだよ。

いつもより明るさが30%も増すんだ。」


「だからこんなに明るいのね。

ほら、街灯がなくても影がこんなにくっきりとできている。

昔は、もっと暗い夜を過ごしていたのかと思っていたけれど、満月の夜はこんなに明るかったのね。


夜の宮殿も、素敵ね・・・」

昌徳宮




「イ・ガクさんとプヨンさんも月夜にここの庭を散歩したりしたのかな。」


「それは・・・ないわ。

だって・・・プヨンは妃じゃないもの。

世子様とピングンが二人で過ごしている時間に、プヨンはきっと自分の部屋から月を見上げて世子様のことを思っていたはずよ・・・。」


冴え冴えと 清らに光る 満月を
          あなたのように ただ仰ぎ見る

「どうしたの・・・」 

パク・ハの涙に驚くテヨン・・・


「・・・ごめん。変ね。

自分のことじゃないのに、切なくなっちゃって。


近くにいるのに手が届かない・・・

まっすぐに見詰めることもできない・・・

自分の命を差し出してもかまわないほど好きなのに、その想いを一人で抱えたまま・・・

こんな夜は、月が美しいだけに堪らなかったんじゃないかな・・・」


月灯りに照らされて、天女のごとく嫋か(たおやか)に美しい・・・


「僕はここにいるよ・・・。

泣かないで・・・」肩を抱き寄せる。

「うん・・・。

私だけこんなに幸せで、いいのかな。怖いよ・・・」


「いいんだよ。

今まで苦労してきたんだから、幸せになる権利がある。パク・ハは。

人のために尽くしてきたんだ。

これからは、いい思い出だけ作ろう。僕と。」


「テヨン・・・

私を見つけてくれて・・・ありがとう。」


guuuu・・・


なんで、また、ここで・・・あたしって・・・


テヨンは、横を向いてこらえきれずにくくくっと笑っている・・・


「か・かえろうか・・・もう少しゆっくり見ていたいけれど・・・

お腹もすいてきたし・・・

ご飯はできているから・・・

それとも、どこかで食べていく?」

「ううん、帰ろう。家に。

パク・ハのごはんが食べたい。


・・・それより・・・パク・ハが食べたいかな・・・


それに、今宵は満月。

僕のかぐや姫が月へ帰ってしまわないようにしっかり見張ってなくちゃ。

いいよね。」


にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村



2013年06月24日22:55

前日の2013年6月23日がスーパームーンに当たっていたそうで、翌日のラジオで聞いてさっそくネタに頂いた、という作品。
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
総もくじ 3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ 3kaku_s_L.png ごあいさつ
総もくじ  3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
もくじ  3kaku_s_L.png 怒り 2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【それぞれの時 ヨン・テヨン 1】へ
  • 【02/09のツイートまとめ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それぞれの時 ヨン・テヨン 1】へ
  • 【02/09のツイートまとめ】へ