スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←014込 →02/28のツイートまとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総もくじ  3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
もくじ  3kaku_s_L.png 怒り 2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【014込】へ
  • 【02/28のツイートまとめ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「屋根部屋の皇太子2次小説」
ショートストーリー

秘密

 ←014込 →02/28のツイートまとめ
今思うと、夫のあの一言がプヨンの人生を狂わせてしまった・・・そう思えてなりません。


「我が家から出すピングン候補は、次女のプヨンだ。」


その言葉を聴いて、私もファヨンも驚きと不審の色を隠せませんでした。

名指しされたプヨンさえもどうしていいか戸惑っています。


「プヨンでございますか。」

「そうだ。ピングンになるのは、プヨンでなければならない。」

なぜ、夫はそう断定的に言うのか、理解できませんでした。


本来であれば、長女であるファヨンを推すのが順当。

ファヨンは親の欲目で見ても美貌であり、気位も高かいのに。

将来の王妃たるべく育てても来ました。

それなのに、なぜ?


しかし・・・家長たる夫の言葉に逆らうことなどできはしません。

ファヨンは、あまりのことに涙していました。


我が家からもピングン候補を出すことになったという話が出てから、ファヨン自身も自負するところがあったでしょう。

それなのに、妹のために尽くさなければならない立場に追い込まれ、ファヨンが哀れでした。


それでも・・・日が経ち、その日のための準備に追われるうちにそんな感傷も次第に薄れていき、愛する娘の慶事に悦びが増してゆくのでした。


愛する娘。私の特別な思いを受け継いだ・・・

そのことは、誰も知らない。あの人でさえ・・・


そう、プヨンは・・・夫の子どもではなかったのです。



その方とは、まだほんの少年といってもいい頃に出会いました。

時折父の元に来る・・・たぶん仕官の道を求めて、父を頼ってきた方なのでしょう。その方の息子でした。

幼いながらも眉の秀でた凛々しい少年。

彼は毎回父親に従って来るわけではありませんでしたが、何度かお見かけするうちに言葉を交わすようになり、やがて文を交わす仲になりました。

もちろん、おおっぴらにはできません。秘密の文通です。

その方の家は両班とはいえ身分が低く、我が家とはつりあわないのは分かっていました。

また、両班の娘である私に恋愛結婚の自由などないことも。

やがては、親の決めた方のところに嫁がなければならない。

それでも・・・まだ。ほんの・・・淡い初恋ではありましたが・・・


年頃になり、私は親の決めた結婚相手、夫の元に嫁ぎました。

夫は誠実で、子どもにも恵まれあの方のことは次第に思い出さなくなっていました。


平凡で幸せな毎日・・・

それなのに・・・

あの日、あの方は忍んで来られたのです。

あの夜は、あいにく夫は仕事で留守でした。

そのことを知ってか、知らずか・・・


あの方であることはすぐに分かりました。

何年ぶりの再会だったでしょう。

ひどくやつれておいででした。


でも・・・拒まなければいけないのに・・・受け入れてしまったのは、そのせいだけではなかったのです。


その数日前、夫に隠し子がいたことが発覚いたしました。

その頃、まだ上り詰めてはいないものの、将来を嘱望されている夫に側女の一人や二人いるのは当たり前。世間も認めるところです。

私も、そのようなことに目くじらを立てるつもりもありませんでした。

そもそも、正室と側室では立場が違います。

正室にとって側室とは家来のようなもの。嫉妬の対象ではありません。


でも・・・外に通い処を作るなど・・・

私の目の届かないところに、秘密の恋人を作るなんて・・・

夫に裏切られた心地がいたしました。


そのことが、心に隙間を作っていたのかもしれません。

あるいは、復讐したかったのかも・・・


あの方は、二度と来ないと固く誓われました。

結局、そのとおりになりました。


私は、何事もなかったかのように貞淑な妻に戻り、数ヶ月が経ち、身籠ったことに気づきました。


いざこざはあったものの、夫との交渉がなくなったわけではなかったので、誰も疑いませんでした。

でも、私には分かりました。あの方の子だと・・・

その頃、風の噂であの方が亡くなったことを知りました。

あれは、今生の別れのつもりだったのかもしれません。

私の中に、ご自分の種を落としていったことも知らずに逝ってしまった・・・


月満ち、私は女の子を産みました。

プヨンは私に顔立ちが似ているので、夫の子どもであることを誰も疑いません。

それでも私には分かるのです。

他の兄弟達とは違う、あの聡明さ。奥ゆかしさ。

あれは、まごうことなきあの方のもの。

それでも・・・女の子であれば、次女であれば何も支障はないと思いました。

表に出ることなく、ひっそりと、平凡に生きてくれればいい。


いつしか、私もプヨンがあの方の子であることを意識しないようになりました。






夫は知っていたのかもしれません。

だから、プヨンを・・・


ムチャン君との約束があったにせよ、プヨンをピングンにするということはあの子を危険にさらすこと。

気位が高く、気性の激しいファヨンに比べプヨンは気持ちの優しい娘です。

一族のために世子様を弑し奉ることなどあの子にできようはずがないのに・・・


私への腹いせに、あの子を見捨てるおつもりだったのでしょうか。



プヨンのあのひたむきさ、一途に人を想う心は、あの方そのもの。

私の一度の過ちがあの子を死に追いやってしまったのです。


でも、そのことがなければあの子は生まれてこなかった。

なんという運命の皮肉でしょう。



プヨン、ごめんなさい。母を許して。

辛かったでしょう。苦しかったでしょう。

私は死ぬまでひたすらあなたの菩提を弔いながら過ごします。



それでも、母はあなたが少し羨ましい。

人生でたった一度の恋を貫いて、お慕いする方のために命さえ投げ出す。

私も、そんな生き方をしてみたかったのかもしれません。



にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

2013年06月26日20:39

2015.2.28追記
ドラマでは夫や娘にこれといった意見をするわけでもなく、平凡な両班の妻という印象のプヨンの母でしたが、何故プヨンをピングン候補にしたのだ???という疑問の解決のためにこんな設定を考えてみました。

プヨンとファヨンは姉妹でもずいぶん性格が違いますよね。
(パク・ハとセナもですが)
パク・ハとセナも異父姉妹でしたが、そんなことが過去にもあったのかもということもヒントにしました。
関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
総もくじ 3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ 3kaku_s_L.png ごあいさつ
総もくじ  3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
もくじ  3kaku_s_L.png 怒り 2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【014込】へ
  • 【02/28のツイートまとめ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【014込】へ
  • 【02/28のツイートまとめ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。