屋根部屋の皇太子2次小説

019 靴

 ←018 救 →020 亜
聞き耳を 立てる扉の 向こう側
       あれは確かに 君の靴音

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

2015-04-24 22:35:24

靴、というお題を見たとき、以前に詠んだ冬ソナ短歌を投稿しようかとも思ったのですが、それも芸がないというかもったいないので考えました。

それで、むか~し、秘書(ほぼお茶出しと電話番)のような仕事をしていたころ、同期の仲間が「足音聞いただけで、その日の(ボスの)機嫌とかまで分かっちゃうのよね。(だからいろいろあったけれど、異動して淋しい・・・みたいな)」ことを言っていたことがふと思い出されてこんな歌にしてみました。

イメージは、スリーデイズの冒頭のテギョンの靴が大写しになる映像。
スポンサーサイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 屋根部屋の皇太子2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 妄想小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 冬のソナタサイドストーリー
もくじ  3kaku_s_L.png 怒り 2次小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
総もくじ  3kaku_s_L.png ごあいさつ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【018 救】へ
  • 【020 亜】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【018 救】へ
  • 【020 亜】へ